結婚や出産を機に引っ越しを検討する事があると思いますが、家族構成別に最適な賃貸物件の間取りを考えてみました。

賃貸で利用するインターネット

賃貸物件での家族構成と最適な間取り

家族構成の変化や結婚などで新しい部屋へ引越しを検討している人もいると思います。家族の人数やライフステージごとに賃貸物件の最適な間取りを考えてみました。まず1Rや1Kというのは余程専有面積が広い一部屋でない限りは一人暮らし用として作られています。もし夫婦や恋人同士が住むにしても1Rなどはキッチン設備も簡単なものしかありませんので、2人で住む場合はできれば1DK、2DKの物件の方がキッチンスペースも広くなり余裕を持って生活できると思います。しかし2人といっても、友人同士など、プライベートを完全に分け、それぞれの個室が欲しい場合は2DKは必要になるでしょう。

次に子供がいるファミリー世帯ですが、子供が幼児の場合は日本は寝室は親と一緒という場合が多いでしょうから、寝室として使える6〜8畳の和室にタンスや季節の物を収納するためにもう1部屋、合計2部屋にリビングダイニングで2LDKは欲しいところです。子供が個室を欲しがる年齢になれば子供の人数だけ居室の数が欲しいところですが、それは無理な場合は2段ベッドなどを活用して寝室の数を減らすしかありません。またその場合はリビングが広めの部屋にしておくと、リビングで子供が勉強をする事もできますし、生活する上で圧迫感を感じる事が少なくなるでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017賃貸で利用するインターネット.All rights reserved.