小さ目の賃貸物件から引っ越す際は、ダンボール箱が多いと生活が不便になるので少なくする必要があります。

賃貸で利用するインターネット

小さ目の賃貸物件から引っ越す際の注意事項

ワンルームから1DK程度の小さ目の賃貸マンションやアパートから他の物件に引っ越す際、要領良く荷造りする事が必要になります。何故なら、荷物を詰めたダンボール箱の数が多いと部屋が一層狭くなってしまい、引っ越すまでの生活が不便になってしまうからです。その為には、今流行りの「断捨離」を実践し、衣類や雑貨、趣味のコレクションなどで特に必要性の高くない物は、思い切って捨てるなりリサイクルショップに売却するなどして、数を減らす事が重要なポイントになります。

梱包方法に関しても、なるべく一つのダンボール箱に沢山の荷物が入るよう、要領良く詰め込んでいけば、ダンボール箱の数を減らす事が出来ます。その為には、「一つのダンボール箱に一つのカテゴリーの品物」に余り拘らず、ダンボール箱の空きスペースを有効に活用する為に、同じ部屋に置く予定の物は一つのダンボール箱にまとめてしまう割り切りも必要になります。あと、実際の梱包方法に関してですが、食器等の割れ物を梱包する際に、新聞紙か出来ればエアキャップ(プチプチシート)が必要になるので、事前に準備しておく必要があります。また、布団などはそのままではかさばるので、布団圧縮袋を用意して小さく収納するようにします。

お役立ち情報

Copyright (C)2017賃貸で利用するインターネット.All rights reserved.